MENU

チャンピックスの治療費と保険

チャンピックスは禁煙外来で処方をして貰う事が出来る医薬品で、日本国内においてはドラッグストアなどでは販売が禁止されている医薬品になります。

 

但し、個人輸入代行を行う通販店などでもチャンピックスを購入することが出来るのですが、通販サイトの中には悪質な所も在るため、利用される場合は口コミなどを調べて安心出来るお店を利用することが大切です。

 

尚、禁煙外来での治療費は薬代や診察費などになるのですが、これらの費用は初診の場合、12週目までについては保険治療となるため、費用負担は3割で済みます。しかし、12週目以降も禁煙外来を利用して治療を受ける場合は、保険適用外となるため実費での支払いが必要になります。

 

因みに、チャンピックスは12週間の中で定期的に通院をし、専門医による禁煙指導を受けながら禁煙に導くと言う治療法になりますが、12週目を超えた場合でも治療を受けることが可能です。

 

尚、禁煙外来に通院をしていたけれども、自己都合により途中で治療を止めてしまった場合、初診から1年を経過していれば、治療費は保険治療と言う形になるのですが、初診から1年を経過していない時に通院を開始すると、治療は保険適用外となり、全額自己負担になります。