MENU

チャンピックスの自費診療にかかる費用

チャンピックスは禁煙外来での処方と個人輸入業者による通販サイトを利用すると言う2つの方法が在ります。

 

尚、チャンピックスにはスターターパックやメンテナンスパックという種類が有りますが、スターターパックは初めて利用する時に使用するもので、0.5mg錠と1mg錠の2種類が入っており、メンテナンスパックはスターターパックを全て服用した後に使用するもので、全てが1mg錠の医薬品になります。

 

因みに、チャンピックスは最初の3日間は0.5mgを1日1回、4日目から7日目までは0.5mgを1日2回、8日目以降は1mgを1日2回と言う容量を服用する事になるため、このような種類が存在していると言う事です。

 

尚、通販で購入する場合は全額自己負担となりますが、禁煙外来の場合は健康保険が適用されるため、保険治療で利用出来るようになっています。
但し、保険治療が可能になるのは初診から12週目までで、12週目以降も利用する場合は自費診療と言う事になります。

 

また、途中で止めた場合は、初診から1年以上経過していない段階で治療を受ける場合は自費診療となり、初診から1年以上経過してから再診を受ける場合は保険治療が適用されると言った違いがあるため注意が必要です。

 

尚、自費診療にかかる費用と言うのは、禁煙外来の場合は診察代とチャンピックスの薬代となりますが、通販店を利用する場合は薬代のみとなります。