MENU

チャンピックス長期服用の効果と影響

チャンピックスは、毎日服用することでニコチンを摂取しなくても大丈夫になる薬です。不足しているニコチンを補うわけではないので、薬を服用している12週間が過ぎたときに、またニコチンが欲しくなることもなくなります。ただ、効果が高い分、副作用もあり、特に吐き気が多いです。

 

吐き気を抑えるには、夕食後など食事の後に服用するとよいです。また、めまいなどを起こすこともあるので、服用期間中は自動車の運転や危険を伴う作業などは控えて下さい。

 

チャンピックスは長期服用することで、効果を高めることが出来る薬です。服用をはじめたら、勝手に自分の判断で止めるのは避けた方がよいです。基本的には、禁煙外来で処方してもらえる薬ですが、中には病院がない場合や行く時間がない人もいます。その場合は、海外医薬品として個人輸入することも出来ます。処方箋なども必要なく、自宅だけでなく郵便局留めなども出来ます。

 

チャンピックスは、基本的に12週間服用する薬で保険も適用されます。それ以上服用したときは、医師と相談して実費で処方がしてもらえます。12週を過ぎれば止めても良いですが、急に服用を止めて再び喫煙してしまう不安などもある場合や、離脱症状を起こさないためには、徐々に1回の服用量を減らしていくとよいです。