MENU

チャンピックスを利用する利点とは

 

チャンピックスは、禁煙外来で処方されている内服薬で、禁断症状に苦しむことなくたばこから離れることが出来ます。これは、脳内のレセプターと結合することにより、快楽物質のドーパミンを少量だけ分泌するからです。また、これによりたばこを吸ってもニコチンがレセプターと結び付くことが出来ないので、美味いと感じることがありません。つまり、たばこを吸わなくても良いというだけではなく、吸う意味がなくなるということになります。

 

禁煙補助薬として、これまで主流として用いられてきたのはニコチンパッチ等のニコチン置換療法によるアイテムです。皮膚からニコチンを吸収することにより、たばこを吸わないことで生じる渇望感に見舞われることはありません。また、口に銜えて煙を吐き出すという習慣から脱却できるので、結果として禁煙に成功するという内容です。

 

ただし、これらの方法はニコチンを吸収するという点がチャンピックスと大きく違っています。ニコチンは、血管を収縮する作用があるので、健康に対してはマイナスの影響を及ぼします。また、中毒性が強い物質であり、ニコチンパッチをやめた時に、再び禁断症状に見舞われてしまいます。これに対してチャンピックスは、ニコチンを使用しないので、血管が収縮することはないうえに、やめる時に禁断症状に見舞われないという利点があります。